かゆい所に手が届く!nEdgeで帯域制御をラクラク実現

本日は、トラフィックコントローラ「nEdge」の帯域制御機能についてご案内させていただきます。
nEdgeは、ユーザーごと、グループごとに、きめ細やかな帯域制御をかけることが可能な製品です。
帯域制御について詳しく知りたい方は、こちらのページに詳細をご説明しております。

nEdgeのユーザー帯域制御画面

※使用する帯域の割合は、システム設定から変更が可能です。

制御したい端末のIPアドレスを指定することで、制御を行います。

端末一台一台のIPアドレスを登録する場合
IPアドレスを範囲登録する場合

1日の合計トラフィック使用量と、使用合計時間を設定し、利用量を制御することも可能です。

 
アプリケーションカテゴリやプロトコルごとに帯域を制御することも可能です。

アプリケーションカテゴリ画面

アプリケーションカテゴリは管理者が編集することが出来ます。

プロトコルごとの帯域制御画面

上記の様に、nEdgeはユーザーごと、グループごとにきめ細やかな帯域制御が可能です。
ホテルのゲストWi-Fiとスタッフネットワークの帯域制御や、フリーWi-Fi提供時の帯域調整にぜひ、お役立てください。

ぜひご検討ください。ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

最新記事

おすすめ記事

  1. 「リモートデスクトップの操作が遅い!」の原因を高速特定!ntopngによる輻輳原因の究明アプローチを実例でご紹介

  2. フリーWi-Fiに潜む悪魔の双子(エビルツイン)とは。加害者・被害者にならないために知るべきこと

  3. Syslogサーバー構築手順~インストールから初期設定まで~WinSyslogの使い方

製品カテゴリー

JTC IT用語集
TOP