Windows環境で使えるお勧めxFlow, NetFlow無料シミュレーターのご紹介

今回は、記事「並列実行のNetFlowシミュレーターを実現するには?」でも少しご紹介したWindows環境で動作するSolarwinds社Flow Tool Bundleについて改めてご紹介したいと思います。
NetFlowシミュレーターを提供しているメーカーはいくつかありますが、その中でも小職がお勧めするWindows環境で動作し、しかも無料で使えるxFlowシミュレーターがFlow Tool Bundleに含まれるNetFlow Generatorです。

Solarwinds社はアメリカテキサスに本拠を置く、IT監視及び管理ソフトウェアを開発するソフトウェア会社となります。このxFlowシミュレーターは、NetFlow  v5/v9, IPIFX, sFlow v5をサポートしておりエクスポータのIPアドレスも設定することが出来ますのでxFlowコレクターの試験やxFlowデータのrawデータが欲しい時に非常に重宝するツールです。

本記事では、このシミュレーターのインストールから設定方法をご紹介したいと思います。

インストール

Flow Tool Bundleからダウンロードして、解凍してください。

上図のように、3種類のインストーラが展開されます。今回は、NetFlow-Generator-Installerをダブルクリックしてください。

Next >”をクリックしてください。

チェックボックスをクリックし、”Next >”をクリックしてください。

Next >”をクリックしてください。

Next >”をクリックしてください。

Finish”をクリックしてください。

設定方法

インストール後、自動でNetFlow Generatorが起動します。

利用環境に応じて以下表1の項目を設定していきます。

IP address or hostname xFlowコレクターのIPアドレス
Port xFlowコレクターのポート番号
IP address or CIDR エクスポータのIPアドレス
Number of interfaces エクスポータのIF数
Average flows per secocond xFlow送信レート
Flow type xFlowのプロトコル
EndPoints フローデータに含まれる通信設定

              表1 NetFlow Generatorの設定

本ツールが便利な点は、以下となります。

  1. EndPointsでシミュレートしたい通信を設定出来る
  2. 送信レートを設定し必要なパケット数のキャプチャファイルを収集出来る
  3. エクスポータのアドレス修正とレンジ設定で複数エクスポータのフロー送信をエミュレート出来る

必要な設定が完了したら、右下の青いボタン”Run generator“を押せばフローデータ送信を開始します。


弊社では、Solarwinds社のフローコレクター製品Network Traffic Analyzerを取り扱っております。ご興味のある方やデモ希望の方は、是非お問い合わせください。



こんな記事も読まれています

最新記事

おすすめ記事

  1. 「リモートデスクトップの操作が遅い!」の原因を高速特定!ntopngによる輻輳原因の究明アプローチを実例でご紹介

  2. フリーWi-Fiに潜む悪魔の双子(エビルツイン)とは。加害者・被害者にならないために知るべきこと

  3. Syslogサーバー構築手順~インストールから初期設定まで~WinSyslogの使い方

製品カテゴリー

JTC IT用語集
TOP