ボリュームライセンスのご紹介

2020年末、弊社ログ製品に関してアンケートを実施いたしました。

ありがたいことに、安価で使いやすいという声をたくさんいただいております。

Kiwi Syslog Serverは、シスログサーバー一括導入の際にさらに割安です。

〇 導入例

ある会社のA工場敷地内にシスログサーバーが複数あり、冗長化構成含めて10本立てたい

⇒(シングルライセンスと比較して)サイトライセンスで、定価・税別で30万円近く割安で導入可能

〇 ボリュームライセンス

サイトライセンス=Kiwi Syslog Server 25本分

カントリーライセンス=Kiwi Syslog Server 50本分

※同一企業にのみ適用可能

※同一エリア利用はサイトライセンス、拠点をまたがる利用はカントリーライセンスを適用可能

〇 こんな時におすすめ

・工場敷地内の複数サーバーに10程度導入したい

・全国にある各工場の複数サーバーにシスログサーバーを15以上導入したい


サイトライセンスならシングルライセンス25本分!

カントリーライセンスならシングルライセンス50本分!!

シングルライセンスと比較して最大170万円、340万円もの大幅ディスカウントです。

一括導入する場合、Kiwi Syslog Server を検討してみてはいかがでしょうか?

こんな記事も読まれています

最新記事

おすすめ記事

  1. 「リモートデスクトップの操作が遅い!」の原因を高速特定!ntopngによる輻輳原因の究明アプローチを実例でご紹介

  2. フリーWi-Fiに潜む悪魔の双子(エビルツイン)とは。加害者・被害者にならないために知るべきこと

  3. Syslogサーバー構築手順~インストールから初期設定まで~WinSyslogの使い方

製品カテゴリー

JTC IT用語集
TOP