Splunk Enterpriseへのログ転送「SSBからSplunk Enterpriseへシスログ転送」

螺子です。本連載記事では、「Splunk Enterpriseへのログ転送」と題して、SSBあるいはsyslog-ng PEから受信したログをSplunkへ転送させる方法について、何回かにわたって投稿します。

はじめに

セキュリティインシデント対策としてSplunk(SIEM)へログを転送してセキュリティ分析・解析しているお客様の中には、以下のような課題をお持ちではないでしょうか?

  • ログ量が多い為、ライセンス費用が高くなっている。必要なログのみ転送しコストを削減したい。
  • エージェントやSplunkのパフォーマンスや機能の制限により、必要なログがロストしている。必要なログを確実に転送したい。
  • Splunk(SIEM)にはコスト面で短期間のログのみ保存している。標的型攻撃などの対応としてログを長期的に一元管理し、過去に遡って必要なログを調査できるようにしたい。

SSBまたはsyslog-ng PEをSplunk(SIEM)の前段に配置することで、上述の課題は以下のように解決できます。

  • 高度なフィルター機能を利用して、必要なログのみSplunk(SIEM)に転送でき、ログ量を減らしコストの削減が可能です。
  • SSBは最大7万EPS、syslog-ng PEは最大60万EPSの高速処理を実行できるので、ログロストを防ぎ、Splunkへの転送方式も選ぶこともできます。
  • SSBは保存したログを外部ストレージにアーカイブでき、アーカイブしたログはシームレスに閲覧・検索できるので、長期間の保存および過去に遡っての調査が可能です。

本記事では、SSBのフィルター機能とリライト機能を使用して、Splunk Enterpriseへのログ量削減とログメッセージの変換を支援する方法について説明します。

構成の概要

Windows自身には、WindowsイベントログをSplunkなどへ転送する機能がないので、エージェントなどを使用しSplunkへWindowsイベントログを転送する必要があります。本構成では、syslog-ng Agent for Windowsを使用し、シスログ形式でSSBにログを送信しています。

※SSBのライセンスにはsyslog-ng Agent for Windowsの使用権も含まれています。

SSBでは、受信したWindowsイベントログをすべて保存すると共に、フィルターを使用し必要なログのみをSplunk Enterpriseへ転送します。SSBは、受信したWindowsイベントログをSplunk Enterpriseにシスログ形式(転送プロトコル: TCP、ポート: 601、メッセージ形式: IETF-syslog RFC 5424)で転送します。

Splunk Enterprise側では、ソースタイプとして`syslog`を選択します。今回、SplunkがIETF形式のシスログを解釈・処理できるように、SSBのリライト機能によりマルチラインのメッセージをシングルラインに変換して転送する例を紹介します。

ログ転送構成イメージ

Splunkデータ入力設定

SSBからのシスログ転送したログをSplunk Enterpriseで受信できるようにデータ入力設定を行います。

[設定]>[データ]>[データ入力]を選択します。

図1. Splunkデータ入力設定-1

[データ入力]画面が表示されます。[TCP]>[+新規追加]をクリックします。

図2. Splunkデータ入力設定-2

[TCP]を選択し、[ポート]フィールドに`601`を入力し、[次へ]をクリックします。

図3. Splunkデータ入力設定-3

[ソースタイプ]セクションで[選択]を選択し、[ソースタイプの選択]コンボボックスで`オペレーティングシステム`>`syslog`を選択します。

図4. Splunkデータ入力設定-4

[Appコンテキスト]で`Search & Reporting (search)`を選択し、[メソッド]を`IP`に設定します。[インデックス]は`デフォルト`を選択して、[確認]をクリックします。

図5. Splunkデータ入力設定-5

[確認]画面で、内容を確認して[実行]をクリックします。設定を修正する場合は[戻る]をクリックして内容を修正します。

図6. Splunkデータ入力設定-6

正常に作成されると以下の画面が表示されるので、デフォルトで選択されている[サーチ開始]をクリックします。

図7. Splunkデータ入力設定-7

[サーチ]画面に推移して、自動で作成したソースを検索します。ログを送信していないので何も出力されていません。

サーチ式例:

source="tcp:601" sourcetype="syslog"
図8. Splunkデータ入力設定-8

Windowsファイアウォール設定

WindowsファイアウォールでSplunk Enterpriseへの通信が許可されていない場合、Windowsファイアウォール設定で、通信を許可します。ここでは、TCPポート601の受信を許可します。

Windowsメニューの[Windows管理ツール]>[セキュリティが強化されたWindows Defenderファイアウォール]を選択します。[受信の規則]で[新しい規則]をクリックします。

図9. Windowsファイアウォール設定-1

[規則の種類]で`ポート`を選択し、[次へ]をクリックします。

図10. Windowsファイアウォール設定-2

[プロトコルおよびポート]で`TCP`を選択および`特定のローカルポート`を選択し`601`を入力し、[次へ]をクリックします。

図11. Windowsファイアウォール設定-3

[操作]で`接続を許可`するを選択し、[次へ]をクリックします。

図12. Windowsファイアウォール設定-4

[プロファイル]ですべてにチェックして、[次へ]をクリックします。

図13. Windowsファイアウォール設定-5

[名前]で規則名(例:syslog601)を入力して、[完了]をクリックします。

図14. Windowsファイアウォール設定-6

接続の確認

ここで、Splunk Enterpriseへの通信が可能か確認してみます。

netstatでSplunk EnterpriseホストのWindowsでポートがリッスンしていることを確認します。ポート`601`がリッスンされています。

netstatコマンド例:

netstat -ano | find ":601"
図15. 接続の確認-1

タスクマネージャー([Windowsシステムツール]>[タスクマネージャー]>[詳細])でプロセスIDを確認すると、プロセスが”splunkd.exe”だということが分かります。

図16. 接続の確認-2

次に、SSBからSplunk Enterpriseホストへの接続を確認します。

[Basic Settings]>[Troubleshooting]の[Connect to TCP port]でIPアドレスとポート番号を入力して、[Connect to host]をクリックします。

図17. 接続の確認-3

接続が確立されたことを確認できます。

図18. 接続の確認-4

※接続が確認できない場合、経路途中のファイアウォールなどで通信が許可されているか確認してください。

SSBの転送設定

ここでは、既に、SSBでWindowsイベントログを受信して保存しているものとします。

※Windowsには、SSBライセンスで無償で利用できるエージェント(syslog-ng Agent for Windows)をインストールし、SSBにWindowsイベントログを送信しています。
syslog-ng Agent for Windowsについては、過去記事「syslog-ng Agent for Windowsのご紹介」を参照してください。

ディスティネーション設定

Splunk Enterpriseへのリモートディスティネーションを新規に作成します。

[Log]>[Destinations]に移動します。

以下を設定し、[Commit]をクリックし設定を保存します。以下の設定外はデフォルト値を使用します。ここでは、ディスティネーション名を`splunk_syslog`としています。

  • [Destination type]: Remote host
  • [Address]: 10.0.2.101 // Splunk Enterpriseのアドレス
  • [Port]: 601
  • [Transport]: TCP
  • [Syslog protocol]: Syslog
図19. SSBディスティネーション設定例

パス設定

[Log]>[Paths]に移動し、`splunk_syslog`ディスティネーション用に新しいパスを作成します。

ここで、カスタムフィルターを設定し、イベントログをフィルターしてSplunk Enterpriseへ転送します。カスタムフィルターは要件に応じて変更できます。今回のカスタムフィルターの内容は以下の通りです。

("${.SDATA.win@18372.4.EVENT_NAME}" eq "Application" and "${.SDATA.win@18372.4.EVENT_TYPE}" ne "情報")		// アプリケーションイベントの`情報`を除く
or
("${.SDATA.win@18372.4.EVENT_NAME}" eq "System" and "${.SDATA.win@18372.4.EVENT_TYPE}" ne "情報")			// システムイベントの`情報`を除く
or
("${.SDATA.win@18372.4.EVENT_NAME}" eq "Security" and "${.SDATA.win@18372.4.EVENT_TYPE}" eq "Failure Audit" and "${.SDATA.win@18372.4.EVENT_ID}" eq "4625")	// セキュリティイベントのログオン失敗
or
("${.SDATA.win@18372.4.EVENT_NAME}" eq "Security" and "${.SDATA.win@18372.4.EVENT_TYPE}" eq "Success Audit" and "${.SDATA.win@18372.4.EVENT_ID}" eq "4624" and message("DESKTOP-10H188M\\\\"))		// セキュリティイベントのログオン成功(ローカルユーザー)
図20. SSBのパス設定例

また、SplunkはIETF形式のフレームヘッダをサポートしていないようでWindowsイベントログのマルチラインメッセージを処理できません。そのため、SSBのリライト機能を使用してシングルラインになるようにメッセージ本文の全ての改行をタブに置換します。

  • In message part: MESSAGE
  • Find: \r\n|\n|\r // 全ての改行コード指定
  • Replace with: \t // タブ文字指定
  • Global: ☑
  • Match case: □

※改行を含むメッセージ本文をそのまま転送すると、Splunk Enterprise側で改行した行ごとにログが認識され受信されてしまいます。Splunk Enterprise側で改行を含むログを受信する方法があるかもしれませんが、ここでは、深掘りしません。

図21. 改行によるログ認識例

ログ受信の確認

SSBでのログ受信

SSBでは、すべてのWindowsイベントログを受信し保存しており、ここでは、6324メッセージを受信し保存しています。

図22. SSBのログ受信例-1
図23. SSBのログ受信例-2

Splunk Enterpriseでのログ受信

管理画面の[Search & Reporting]をクリックします。

[サーチ]に以下のサーチ式を入力して検索します。必要に応じて期間などを指定します。

サーチ式例:

source="tcp:601" sourcetype="syslog"
図24. Splunk Enterpriseログ受信の確認-1

SSBでフィルターされ、Splunk Enterpriseに受信されたログは642メッセージになっています。約90%ログ量が削減されています。

図25. Splunk Enterpriseログ受信の確認-2

フィールド`EVENT_TYPE`をクリックするとイベントタイプに関する情報が表示されます。

図26. Splunk Enterpriseログ受信の確認-3

おわりに

いかがでしたでしょうか?

SSBでの設定はディスティネーションとパスの2つの設定でSplunk Enterpriseへログを転送できました。

SSBで必要なログのみをフィルターし、Splunk Enterpriseに転送することでログ量を減少しコストを削減できます。

また、SSBですべてのログを長期的に保存することで標的型攻撃などSplunk Enterpriseへ転送しなかったログを調査する必要がある場合でも、SSBに保存されたログを高速に検索することが可能で、迅速な調査ができます。

このように、Splunkへすべてのログを転送するのではなく、間にシスログサーバーを置いてログ量を減らす構成を検討されてみてはいかがでしょうか?

次回は、HEC(HTTPイベントコレクタ)を使用してSSBからSplunk Enterpriseへログを転送してみます。お楽しみに。

ログの長期保存と高速検索の必要性

ログを長期的に保存することは有益です。
標的型攻撃等では、最初の攻撃から認知までに1年近くを要する場合もあり、インシデント発生時に原因究明を適切に行うために、過去に遡った調査も必要にることからログは十分な期間保存しておくことが必要だからです。
また、ログを迅速に検索できないと、サイバー攻撃やその他の脅威への対応に時間がかかる可能性があります。

SSBの機能

本記事で使用したSSBの機能は以下の通りです。

  • Remote host(リモートホスト)ディスティネーションおよびパス
  • Rewrites(リライト)

参考資料

Remote host(リモートホスト)ディスティネーションおよびパスについては、syslog-ng Store Box 7 LTS管理者ガイドの「9.3 リモートサーバーへのログメッセージ転送」および「10 ログパス:メッセージのルーティングと処理」を参照してください。

Rewrites(リライト)については、同ガイドの「10.4 メッセージ部の置換、リライトルールによる新しいマクロの作成」あるいは「10.5 ログメッセージのテキスト部の検索と置換」を参照してください。

また、過去記事「Rewritesを使用した正規化!」 、「リライト機能。ログの整形や正規化!」あるいは「サービス残業させていない?リライトを使用して日時を指定して検索してみる!」を参照してください。本記事で紹介した内容以外のリライト機能の利用方法など確認できます。

過去連載記事

「SIEMのコスト削減とパフォーマンス向上(誤検知防止)の技」連載記事リスト

「リモートアクセスログを調査」連載記事リスト

「syslog-ng Store Box大活用連載企画」連載記事リスト



SSBは、高信頼ログ管理アプライアンスです。様々なデバイスおよびアプリケーションからログメッセージを収集、分類、フィルタリング、正規化して安全に保存可能です。ログデータの信頼性を担保し、膨大なログが発生する高負荷環境、あるいはログロストが許されない企業・組織のログ管理に最適です。

syslog-ng Store Boxについての詳細は、製品紹介ページ・製品ガイドをご参照ください。

こんな記事も読まれています

最新記事

おすすめ記事

  1. 狙いはIT管理者!?Google広告を悪用するMadMxShellの脅威と対策について

  2. 【Ping死活監視】PRTGで「かんたん」にはじめる!

  3. Windowsイベントログから不正侵入を暴く

製品カテゴリー

JTC IT用語集
TOP