【販社様向け】ウチ、営業所が地方にもあるんですけど…8回目(全11回)

↻2022年2月17日更新 

 こんにちは。ジュピターテクノロジーでWebフィルタリング製品を担当している太田です。

前回から引き続き、Webフィルタリング製品「WebTitan Cloud」の販売ヒントになりそうな情報をご案内させていただきます。

今回は第8回「ウチ、営業所が地方にもあるんですけど…」です。

 

 

複数拠点への導入はフォローが大変

昨今の社会情勢から、多様な働き方を模索するお客様のオフィスは、一つとは限りません。時折、このようなお話を伺います。

「お客様の営業所が日本全国、海外にもあるとき、営業一人ではカバーしきれないことがある」

関東が拠点の営業さんであれば、関東圏はすぐに訪問してフォローできるけれど、関東圏以外の地域や海外には、なかなか行くことはありません。しかし、お客様の中には「本社は関東圏だけど、各営業所にも導入したい」と希望されるお客様もいらっしゃいます。

 

エリアが異なれば、複数の営業さんと連携する必要が出来、申し送り事項も増えます。申し送り事項が増えれば、抜け漏れも出やすくなります。

また、すべてのオフィスが同じ環境であれば1回目の導入ノウハウを活かせますが、同じ規模・構成のオフィスばかりとは限りません。

しかも、DNSサーバーが置いてある拠点もあれば、ルーターのみの拠点もあります。日本全国、海外にも導入出来て、どんな環境にも簡単に導入できるWebフィルタリング製品なんてあるのだろうか。と思いますよね。そんな時、「WebTitan Cloud」がお役に立ちます。

 

WebTitan Cloudを導入する場合は、大きく2パターンに分けられます。

拠点端末の接続がDNSサーバーに集積しているパターン

各拠点の端末が親拠点のDNSサーバを通ってインターネットの世界に出ていく場合です。

この場合は、親拠点のDNSサーバーのDNSフォワーダー設定を変更すれば、すぐに設定完了となります。

拠点が独立しているパターン

各拠点が独立した環境でインターネットを使用している場合です。

各拠点のNW最上位機器(DNSサーバー・ルーター等)のDNSフォワーダー設定を変更します。ルーターのDNSサーバーアドレスやDNSフォワーダー設定を変更したくないお客様には、利用端末本体のDNSサーバーアドレスを変更するか、エージェント「WebTitan OTG」を端末にインストールすることでWebフィルタリングを開始できます。


このように、ユーザーの端末がWebTitan Cloudサーバーへ繋がるように道筋をつけさえすれば、WebTitan Cloudの主な設定は完了します。そのため、環境が異なる複数拠点を持つお客様にとって、WebTitan Cloudは提案しやすく、手離れが良いと言えます。

 

以上で今回の内容を終わらせていただきます。

次回は>謎のクレーム」について書かせていただきます。

 

 

 WebTitan Cloud オンライン説明会を開催中!お申し込みはこちらから!

 

 
 
 
 

WebTitanCloudは14日間無料でお試しいただけます。お試しマニュアルはこちらよりご覧いただけます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

こんな記事も読まれています

最新記事

おすすめ記事

  1. 「リモートデスクトップの操作が遅い!」の原因を高速特定!ntopngによる輻輳原因の究明アプローチを実例でご紹介

  2. フリーWi-Fiに潜む悪魔の双子(エビルツイン)とは。加害者・被害者にならないために知るべきこと

  3. Syslogサーバー構築手順~インストールから初期設定まで~WinSyslogの使い方

製品カテゴリー

JTC IT用語集
TOP