APRESIA Systems ApresiaNP2100-48T4XのPRTGデバイステンプレートの提供を開始

APRESIA Systems様より、ApresiaNP2100-48T4X評価機を貸して頂きました。本掲載記事では、ApresiaNP2100-48T4XをPRTGに監視デバイスとして登録し、必要な監視を予め弊社で作成したデバイステンプレートを使って設定を簡素化する方法をAPRESIA Systems様製品のユーザー様向けにご紹介します。

文:ジュピターテクノロジー よしひろ

ApresiaNP2100-48T4Xの初期設定

弊社の検証環境に設置したApresiaNP2100-48T4Xの初期設定は、コンソールケーブルでログインし設定変更を行いました。コンソールターミナルの設定や初期接続方法の詳細は、「AEOS-NP2100 Ver. 1.10 コマンドリファレンス」をご参照ください。PRTGがネットワーク機器の監視に利用するプロトコルは、SNMP, xFlowといったプロトコルを利用する機会が多いです。ApresiaNP2100-48T4Xはこれらのプロトコルに対応しておりますので、本記事では実際のスイッチ設定からPRTGの監視設定まで全てご紹介します。

SNMPエージェント設定

PRTGに限らずですが、ネットワーク機器の監視に必須であるSNMPの設定を行います。ApresiaNP2100-48T4Xにログインし、コンフィグモードで以下のコマンドを実行してください。

#configure terminal
(config)# snmp-server
(config)# snmp-server name ApresiaNP2100-48T4X
(config)# snmp-server location Mitsugi 6F
(config)# snmp-server contact BU1

sFlow設定

PRTGは、NetFlowやsFlowの監視をサポートします。ApresiaNP2100-48T4X はsFlowに対応しております。ApresiaNP2100-48T4Xにログインし以下のコマンドを実行してください。

#configure terminal
(config)# sflow receiver 1 owner collector1 expiry 86400 host 192.168.91.50
(config)# interface port 1/0/1
 (config)# sflow sampler 1 receiver 1 sampling-rate 64
 (config)# sflow poller 1 receiver 1 interval 5

MIBの入手

PRTGにMIBファイルを取り込むためにAPRESIA Systems様のページよりダウンロードします。こちらのページにアクセスし、MIBを入手してください。

Paessler MIB ImporterによるMIBの取り込み

Paessler MIB Importerを利用して、入手したMIBファイルから必要なMIBをPRTGに取り込みます。Paessler MIB Importerは、弊社のソフトウェアダウンロードページよりご入手ください。また、Paessler MIB Importerのマニュアルは弊社ドキュメントセンターよりご入手ください。

ApresiaNP2100-48T4X用、PRTGデバイステンプレートの入手

ジュピターテクノロジーでは、ApresiaNP2100-48T4X利用者様が監視を迅速にスタートして頂けるようApresiaNP2100-48T4X向けにデバイステンプレートを作成しました。弊社のお問い合わせページより、「ApresiaNP2100-48T4X用PRTGデバイステンプレート希望」の旨ご連絡ください。なお、本デバイステンプレートの利用は自由ですが、デバイステンプレートに関わる不具合や問い合わせはPRTGご購入者様に限りますのでご了承ください。入手したデバイステンプレートをPRTGに配置します。“C:Program Files (x86)PRTG Network Monitor\devicetemplates”に、デバイステンプレートファイルを配置してください。

図1 デバイステンプレートの配置

ApresiaNP2100-48T4XをPRTGに登録

デバイスツリーから、「デバイス追加」をクリックします。

図2 デバイスの追加

「新規デバイスの追加」で、任意のデバイス名とIPアドレスを設定して、下にスクロールしてください。

図3 デバイスの追加(2)

「特定デバイステンプレートを使用した自動検出」を選択し、検索ボックスで「apresia」と入力してデバイステンプレートを検索します。

「ApresiaNP2100-48T4X-device-template」のチェックボックスを有効にし、「OK」ボタンを押してください。

図4 デバイステンプレートの指定

図5のように自動検出が開始します。

図5 自動検出

自動検出が完了すると、以下のセンサーが追加されます。

  • Ping
  • アップタイム
  • 各インターフェイスのトラフィック量センサー
  • 温度センサーの現在温度
  • 温度の状態
  • ファンの状態
  • 電源の状態
  • CPU使用率の値
図8 センサーの追加確認

図8は、デバイステンプレートから自動検出した直後の様子です。ここまでで、xFlowやSNMPトラップの標準センサーを手動追加すれば、ApresiaNP2100-48T4Xの監視は十分かと思います。

如何でしたでしょうか?弊社が提供するPRTGのApresiaNP2100-48T4X用のデバイステンプレートを活用すれば、必要な監視を瞬時に設定することができます。ApresiaNP2100-48T4X及び弊社謹製の専用デバイステンプレートにご興味がある方は、是非下記のリンクからお問い合わせください!

APRESIA Systems様製品のお問い合わせ

以下の問い合わせフォームより、APRESIA Systems様にお問い合わせください。

PRTGのお問い合わせ

以下の問い合わせフォームより、弊社までお問い合わせください。

こんな記事も読まれています

最新記事

おすすめ記事

  1. 「リモートデスクトップの操作が遅い!」の原因を高速特定!ntopngによる輻輳原因の究明アプローチを実例でご紹介

  2. フリーWi-Fiに潜む悪魔の双子(エビルツイン)とは。加害者・被害者にならないために知るべきこと

  3. Syslogサーバー構築手順~インストールから初期設定まで~WinSyslogの使い方

製品カテゴリー

JTC IT用語集
TOP