【販社様向け】「自宅で端末をフィルタリングしたい場合は?」2回目(全11回)

↻2022年2月15日更新

こんにちは。ジュピターテクノロジーでWebフィルタリング製品を担当している太田です。

前回から引き続き、Webフィルタリング製品「WebTitan Cloud(WTC)」の販売のヒントになりそうな情報をご案内させていただきます。

今回は第2回「自宅で端末をフィルタリングしたい場合は?」です。

 

 

 

「自宅で端末をフィルタリングしたい場合は?」 

 

テレワークの浸透により、「自宅で使用するテレワーク用端末にもWebフィルタリングサービスを使用したい」という要望も高まっています。

この要望を実現するためには「リモートワーク用端末すべてにWebフィルタリング用のエージェントをインストールする」運用になります。とはいえ、一台一台の設定が手間になるほど、情報管理者、担当エンジニアの皆様は難しい顔をされてしまうでしょう。

 

お客様は設定したクライアント端末を極力触りたくない 

 

エージェントをインストールするとなると、初期導入に時間を取られますし、WindowsOSやmacOSの更新のたびにアプリケーションが正常に動作をしているかどうか確認するための動作検証が発生します。

配布端末に管理者権限をつけることはほぼありませんので、設定変更が発生する際は、端末を回収しなければならなくなり、現場の工数がかかってしまいます。

 

「では、Webフィルタリングをしないで済むように、配布端末がローカルで利用するインターネット接続を無効にしよう!」とお考えになる担当者様もお見えになります。すると、今度は「Web会議はVPNネットワークに負荷をかけるから、ローカルのインターネットで実施したい」という要望に答えられなくなってしまいます。

 

 On the go(OTG)の魅力

 

WTCのエージェント On the
go(
以下OTG)は、Microsoft Intune、Google Workspaceに対応しており、Windows端末、Chrome bookへ一括インストールが可能です。また、一括インストールが難しい環境であれば、EXEファイルを特定のフォルダに置き、起動時にバッチコマンドを実行することでサイレントインストールできます。

そのため、端末回収は不要です。アイコンはタスクトレイに表示されていますが、ポップアップも出て来ません。アイコンを非表示にすることも可能です。

 

 

 

OTGのアイコン→

 

サイレントインストール、アイコンも非表示となると、インストールが完了したかどうかを判断する手段がないのでは…と思われるかもしれませんが、ウェブブラウザ上の管理ページから、各端末へのインストール状況を確認できます。

 On the go(OTG)の動作

 

続いて、OTGの動作について、簡単に見ていきましょう。

例えば、コーヒーショップに入ってショップ内のWi-Fiに接続します。するとOTGが反応して端末のDNSサーバーアドレス設定を変更し、WebTitan Cloudサーバーへの接続を有効にします。それ以外の時間は、管理者が更新したポリシーを受信する以外、何もしません。

OTGは上記の動作に必要な機能しか持っていないので、端末のリソースをほとんど使いません。テレワーク用端末へ管理者権限を与えなければユーザーにサービスを止められる心配もないため、安定した運用が見込めます。

  


以上で今回の内容を終わらせていただきます。

次回は>でも、WebTitanCloudって有名なんですかについて書かせていただきます。

 

WebTitan Cloud オンライン説明会を開催中!お申し込みはこちらから!

 

 

 

WebTitanCloudは14日間無料でお試しいただけます。お試しマニュアルはこちらよりご覧いただけます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

こんな記事も読まれています

最新記事

おすすめ記事

  1. 「リモートデスクトップの操作が遅い!」の原因を高速特定!ntopngによる輻輳原因の究明アプローチを実例でご紹介

  2. フリーWi-Fiに潜む悪魔の双子(エビルツイン)とは。加害者・被害者にならないために知るべきこと

  3. Syslogサーバー構築手順~インストールから初期設定まで~WinSyslogの使い方

製品カテゴリー

JTC IT用語集
TOP