IPアドレスの管理をExcelから脱出

文:ジュピターテクノロジー そん

ここではSolarWinds IPAM(IP Address Manager) による企業内のIPアドレス管理について紹介します。

従来のIT運用ではIPアドレスをExcelファイルのような台帳で管理していると思います。しかし、ExcelファイルでIPアドレスを管理すると、以下のような面倒な課題があります。

  • リアルタイムに変更が更新できない
  • Excelでは使われていないはずのIPアドレスが使われていた
  • 古い情報のまま更新されず

この結果、IPアドレスの管理が正確にできなくなり、IPアドレス管理から起因する障害が発生しても、原因の特定に時間がかかります。

IPAMの管理画面

IPアドレス管理を自動化できる「SolarWinds IPAM」では、以下のような管理画面でIPアドレスの使用状況などを簡単に可視化できます。

SolarWinds IPAMのサマリー画面

IPAMでIPアドレスの管理を始めるには

IPAMでIPアドレスの管理を始めるには、IPアドレス(サブネット)情報をIPAMにインポート(登録)します。

IPアドレスをIPAMにインポートする方法は3パターンです。

  • ルータなどのネットワーク機器から検出(Discovery)
  • Excelファイルでインポート
  • 手動入力
サブネットとIPアドレスの管理 画面

IPアドレス(サブネット)をインポートすると、IPAMは各IPアドレスをスキャンしてステータスを更新します。

代表的なIPアドレスのステータスは以下です。

  • Available 使用可能
  • Used 使用済み
  • Transient 一時使用
  • Reserved 予約済み

上の画像のようにステータスごとにフィルターをかけたり、Last ResponseでIPアドレスが最後にいつ使われたかを確認できます。

最後に

今回は初めてSolarWinds IPAMでIPアドレス管理を始める方向けに、3つのIPアドレス登録方法をご紹介しました。効率的なIPアドレス管理ツールを探しの方は、SolarWinds IPAMをぜひご検討ください。

SolarWinds IPAMにご興味のある方は、以下のリンクから弊社までお問い合わせください。

こんな記事も読まれています

最新記事

おすすめ記事

  1. 「リモートデスクトップの操作が遅い!」の原因を高速特定!ntopngによる輻輳原因の究明アプローチを実例でご紹介

  2. フリーWi-Fiに潜む悪魔の双子(エビルツイン)とは。加害者・被害者にならないために知るべきこと

  3. Syslogサーバー構築手順~インストールから初期設定まで~WinSyslogの使い方

製品カテゴリー

JTC IT用語集
TOP