【SolarWinds Hybrid Cloud Observability完全セットアップマニュアル】その6.SNMPトラップ受信設定

文:ジュピターテクノロジー そん

今回のブログでは、SolarWinds Hybrid Cloud Observability(以下、HCO)SNMPトラップ受信設定とSNMPトラップ受信ルールによるアラートの設定、デフォルトのメールではなくSNMPトラップの受信内容が一目でわかる受信メールの設定方法を紹介します。

SNMPトラップ 受信ルール設定

Webコンソール画面にログインして、アラートとアクティビティ > トラップ に移動します。
ログ ビューアの画面で右上の「設定」をクリックします。

図1 ログ ビューア

トラップ > マイ カスタム ルール > ルールを作成する をクリックします。

図2 ログとイベントの設定


SNMPトラップ受信設定の名前をつけます。

図3 ルール名を設定

SNMPトラップの送信元IPアドレスが特定できます。

図4 送信元IPアドレス設定

① SNMPトラップの条件を適宜します。
 例)コミュニティ、トラップOID、メッセージ など
② 値を定義します。
 例)次で始まる、次で終了する など
③ 実際の値を定義します。

図5 受信対象のSNMPトラップを定義


実際に受信しようとするSNMP トラップを受信してみて、内容を確認した方が確実です。

図6 実際のSNMPトラップ受信ログ

ルール アクションを設定します。
④⑤⑥ をチェックしてSNMPトラップ受信ルールを「アラート」として転送します。
⑦ アラート名を設定
⑧ 重大度(情報提供、警告、重大、深刻、注意)

図7 ルール アクション

ルールの概要を確認します。

図8 ルールの概要を確認

図9 SNMPトラップ ルールのリスト

すべての設定 > アラートとレポート > アラートの管理 に移動してLog Analyzerで作成したSNMPトラップルールを確認できます。

図10 アラートの管理

SNMP トラップのアラート条件(トリガー条件)
トラップ受信設定の編集は「Log Analyzer」で実施する必要があります。

図11 トリガー条件

SNMPトラップのアラートメールの例

図12 アラート メール

最後に

今回はSolarWinds Hybrid Cloud Observability(HCO)のSNMPトラップ 受信設定について紹介しました。SolarWinds 製品にご興味のある方は、以下のリンクから弊社までお問い合わせください。

SolarWinds HCOに興味のある方は、以下のリンクから弊社までお問い合わせください!

こんな記事も読まれています

最新記事

おすすめ記事

  1. 「リモートデスクトップの操作が遅い!」の原因を高速特定!ntopngによる輻輳原因の究明アプローチを実例でご紹介

  2. フリーWi-Fiに潜む悪魔の双子(エビルツイン)とは。加害者・被害者にならないために知るべきこと

  3. Syslogサーバー構築手順~インストールから初期設定まで~WinSyslogの使い方

製品カテゴリー

JTC IT用語集
TOP